『イングリッシュ・カフェ』in 大阪/『英語でランチ』in 大阪

『イングリッシュ・カフェ』in 大阪/『英語でランチ』in 大阪

2015.05.23-24開催
「イベントって正直どう?」大阪カフェ/ランチの参加者に本音を伺いました!
イベント風景
「僕は日本語で『クマ』って呼ばれてるんだよ」と、ジェームズ。アダムは「緊張は、丸めてあの窓から捨てちゃって!」
スカッとした五月晴れに誘われて、やって来ました、食いだおれの街・大阪!5月23日に十三でカフェ、24日には梅田駅前ビル地下の「イタリアンキッチンSa(サー)」でランチと、2年ぶりの大阪イベントを開催しました。
川越本社から向かったのは、アンナ、エリン、ジェームズ、グレゴリー、アダムの5人。募集開始から数日でキャンセル待ちが出たほどの人気ぶりとあって、スタッフも大阪の皆さんにお会いできるのが待ち遠しくて仕方ありません。

ご夫婦3組、親子が2組、友だち同士は何組も!88名が大集合

(スタッフの手を取って)「久しぶりやねえ!2年前の大阪カフェが楽しかったから、また来てくれるの待ってたんよー」
「京都イベントの後から、もっと英語が話したくなって、夫婦で『スピードラーニング』聞きこんで来ました。神戸から来る間も楽しみで」
イベント風景
カードを使ってお互いに質問し合うゲーム「Guess who?」では、ウケ狙いの回答も続々。
関西エリアでもう何度目かのイベント開催とあって、こんな英語で大歓迎していただいたスタッフたち。リピーターの方やご家族・お友だちと一緒に参加された方々が、お一人で参加された方にもどんどん声をかけ、スタート早々笑い声があちこちで聞こえます。

おなじみの「Ball Toss(ボールを回しながらの自己紹介ゲーム)」では、パラグライダーを楽しむアクティブ派の方が「将来は航空免許を取りたくて英語を学んでいます」と、夢を語ってくださいました。
また趣味の料理や「仏像のお面作り」を写真で紹介してくださった方も。カードを使って質問し合うゲームでは、さすが大阪! 初対面同士でも、英語でボケとツッコミのような会話が飛び交ったのが印象的でした。
イベント風景
集まればみんな仲間。カンパーイ!
ランチイベントでは、正面に座った男性に、一人の女性から驚きの一言が。
「さっきから言いたかったんだけど…あなた、私の最初の彼氏と同姓同名なの!」
その瞬間、「Really(ホンマ)?」「What a coincidence!(すごい偶然)!」とみんなでびっくり。そのテーブルでは、しばらく恋愛話が盛り上がったのは言うまでもありません。

こんなふうに「先生と生徒ではない、友だち同士の会話」が楽しめるのがエスプリラインのイベントの特長です。
参加された皆さんに、「初参加ってドキドキ?」「外国人と話してみてどうだった?」など、イベントの感想を伺うと、そこには意外なウラ話が……! 

「イベントって正直どう?」 参加された方々に本音を伺いました!

正解はない。思ったことを自由に言えばいいから気楽

梅田界隈でタクシー運転手をしていて外国の方を乗せるので、英語を始めました。
実はイベントの案内が来たとき、すぐ申し込まなかったんです。「もっと聞き込んで、うまくなってから行こう」と思って。よくテレビで、外国人タレントがおかしな日本語を使うと、周りが笑うじゃないですか。それと同じようなことになるんじゃないかと、不安でした。「まだ『スピードラーニング』始めて半年だし、ペラペラの人ばかりで、自分は傍観してしまうかな」って。「締切間近」の案内を見て思い切って申し込んだ後も、「風邪ひいたから行くのやめようかな…」と、前日まで迷いました。ところが来て座るなり、同じテーブルのおばちゃんが「私ほとんどしゃべられへんのよ」って言ったから、力が抜けました(笑)。
実際、ハードルはそれほど高くなかったです。教室みたいに質問されて、正解を言わなきゃいけないとかではなくて、思ったことを自由に言えばいい。だから気楽でした。「うちの犬は他の犬をかわいがるとすごくヤキモチを焼く」と言うと「そうそう、うちも!」と、ペットの話題が広がって楽しかったです。教材の英語は聞き取れなければ流れていってしまうけど、実際の会話では、一回聞いて分からなければ聞き直せばいい、いくらでもやり直しがききます。すごく話しやすかったから、来てよかったです。

コウタロウさん(写真右)

単語がわからなくても“連想ゲーム”で通じました

今『スピードラーニング』6カ月目です。イベントは初参加ですが、「大阪開催」という案内を見た瞬間、全日程申し込みました。いざ外国人を前にしたら言葉が出てこないかも…恥ずかしいかもしれへんけど、よく考えたら大統領演説でもないし、そんなプライド高く持っても見せる相手もいない(笑)。「全部ヒアリングでもいいやん、来たら来たなりに何か学べれば」と思って。開き直ったのが正解でした。
ズバリの単語が出てこないときは「What should I say?(どう言ったらいいかな)」と言った後に、一生懸命そこにつながる言葉を連想ゲームみたいにつなげていくと、スタッフもみんなも想像してくれるんです。逆にほかの人が言いたいことを私が分かったら通訳してあげたりで、思ってたより通じた。「これでいいんだ」って自信もつきました。「朝は何時に起きる?」という話題から、みんながどうやって寝坊を防いでるのかという話に広がって、盛り上がりました。あとはそれぞれの土地柄の料理の話も面白かったですね。参加を迷ってる人がいたら、「とにかく気軽に来たらいいやん」ってすすめたいです。また関西でイベントあったら、もちろん!参加します。

ムカエアキコさん(写真左)

京都イベントで知り合った仲間と再会。楽しかったです!

1年前の京都イベントに続き、兵庫県からの参加です。英会話に興味がある人が周りにいなくて「英語をしゃべる人たちと出会いたい!」と、思い切って飛び込みました。興味があったら、ぜひイベントに来たらいいと思います。私も最初緊張しましたが、話が盛り上がってFacebookでつながる仲間もでき、今回は「大阪でイベントあるよ」「行く?」と誘い合って参加しました。カフェの後、みんなでご飯に行くのが楽しみです。 英文科を卒業したのに、英語がしゃべれず、どうしてもペラペラになりたくて、1年4カ月前に『スピードラーニング』を始めました。こういうイベントに来て、話しかけられると「何か言わなきゃ」とトレーニングになります。聞き取る力を話す力に変えるには、やはり使う機会がないと。これからも参加します!

上村美喜さん

家族で聞いてます。今日は親子で初参加!

家族で串カツ店を営んでいて、たまに外国人のお客さんがいらっしゃいます。いつか英語で対応できたらと思って『スピードラーニング』を始めました。最初は「毎月5,000円以内やし、しゃべれへんでも後悔ないかな」ぐらいの気持ちでしたが、毎日1~2時間聞いてると、お客さんの英語が「今、岡山のお寺に行くって言うてはったな」とか、ところどころ聞き取れるようになって、だいぶ成果は出てるのかなって。主人も仕込みの間に楽しんで聞いています。今回、イベントは初参加。一人ではよう来れなかったので娘を誘ってきました(笑)。長いフレーズは難しいけど、カードゲームの説明はだいぶ聞き取れて、片言の単語で何度か質問もできました。もっといっぱいCD聞いて、フリートークもやって、日本語と同じように英語をスラスラッと話せるようになりたいですね。
私は人見知りやし、緊張もするけど、英語でも何でもやってみないと分かれへんから、当たって砕けろと思います。最初の一歩を踏み出すために、イベントはおすすめです。

母・松葉由美さん(写真中央)

父と母は最近、「今から英語だけで話そう」と2人で英会話したり、テレビを見ていて「今の英語わかった!」と言い合ってたり、楽しそうです。私は毎日、昼食で家に帰るときに聞き流すぐらい。でも今日はちょっと聞き取れるところもあって、うれしかったです。

娘・松葉なつみさん(写真左)

あっという間の2時間。ぜんぜん緊張しませんでした。

洋楽が好きで、歌詞やアーティストがライブで話す内容を聞き取れるようになりたいと思って聞き流しを始めました。今ちょうど1年です。聞くのは通勤の往復3時間ぐらい。パソコン仕事で目や頭が疲れていても、耳だけですから楽ですね。英語をちょっと聞き取れるようになると、『直接外国人と会って、生の英語を聞きたい!』という気持ちがすごく湧いてきて、カフェに申し込みました。去年の京都イベントも楽しかったので、2回目です。 やっぱり直接会って話すって、一番貴重な体験だなーと思います。電話と違ってスタッフさんの口がどう動くのか見られますし、細かい発音も聞けましたから。英語を聞くばかりだったので、私にとっては、口に出す機会ができたのが大きかったです。緊張は全然しませんでした。むしろ、楽しくてあっという間に終わってしまったので「もっと時間が長ければいいのに」と思ったぐらいです。

石川菜穂さん(写真右)

当日のイベントの様子を写真でご紹介