株式会社エスプリライン
メインビジュアル メインビジュアル

『英語の落とし穴A to Z』は日本人によくみられる英語の間違いをわかりやすく解説している本です。 著者はベストセラー『英語と仲直りできる本』を書いたデイビッド・バーカー氏。 さまざまな国で英語を教えてきた著者が、日本人の間違いやすい点を的確に指摘し、 どのような言い方が正しいのかを教えてくれます。

日本人が間違えやすいキーワードとなる単語が250ほどピックアップされており、 それがAからZのアルファベット順で記載されています。 250のキーワードの中に400種類以上の間違いの例文が説明されていて、 「あっ、この言い方は間違っていたんだ!」と目からウロコの連続です。

また、多くの英語学習者が苦手とする英語の時制の意味と使い方もわかりやすく解説。 日本人が間違えて使っている和製英語や、使い分けに迷ってしまう同義語などの例も多数取り上げています。 さらに、決して間違いではないけれど、ネイティブ視点ではあまり使わない表現や、 よりこなれた表現を紹介してくれるので、英語がどんどん上達します。

この本は日本語で解説された「日本語版」と、英語だけで解説された「英語版」の2冊があります。 日本語版、英語版はどちらとも同じ内容・ページ番号になっています。 まずは「日本語版」をひととおり読んでから、「英語版」を読まれると良いでしょう。 「英語版」は平易な英語で書かれているため、「日本語版」を参照しながら読めば、 容易に読み進めていけるはずです。

デイビッド先生の日本語学習中の失敗談やおもしろエピソード、読者への応援メッセージもあり、 楽しく読める一冊です。初めから順に読むのも良し、辞書として使うも良し! 豆知識や楽しい読み物として読んでも、英語の基礎や文法の知識が身につく構成になっています。 英検、TOEIC®、大学受験生などにもとても役立つ内容です。

『英語の落とし穴AtoZ』と『発音CD』

初めてエスプリラインでお買い物される方はこちらからご購入下さい。 この商品を買う

エスプリライン会員様はこちらからご購入下さい。 かごに入れる

 

日本人が間違えやすい英語表現の解答

【1】 I like dog.

I like dog.

【正解】 I like dogs.

犬という動物が好きだと言いたいとき、"I like dog."でいいのか、"I like a dog."が正しいのか、 それとも"I like the dog."なのかと迷ったことはありませんか? 犬という種類全体を言いたいときは、 "dog"を複数形にして、"I like dogs."というのが正しいのです。"I like dog."と言うと、 「犬の肉が好き」という意味になってしまいますので要注意です。

ちなみに、"a dog"と"the dog"の違いはわかりますか? 文法書などでは、"a"は不定冠詞で、 "the"は定冠詞であると書かれていますよね。でもいまいちピンと来ないという方も多いのではないでしょうか? 『英語の落とし穴A to Z』には"a"と"the"の使い分けについても詳しく書かれていますので、 ぜひ一度読んでみてください。


 

【2】 I like fruits.

I like fruits.

【正解】 I like fruit.

「私はフルーツが好きです。」と言いたいとき、日本語につられてつい"I like fruits." と言いそうになってしまいますが、これは間違いです。

英語の名詞には数えられる名詞(可算名詞)と数えられない名詞(不可算名詞)の2種類があります。 簡単な例を挙げると、「リンゴ」は簡単に数えることができるので可算名詞で、 「水」は部分的に分けて数えられるものではないので不可算名詞です。 不可算名詞には複数の"s"が付きません。

"fruit"は数えられない名詞ですので、"I like fruit."が正しい英語になります。 ただし、例えばスーパーに並んでいる、いろいろな種類の果物のことを言いたいときは、 "There were a lot of unusual fruits in the market."(市場には、珍しい果物がたくさんあった) のように複数の"s"が付きます。


 

【3】 I have many time.

I have many time.

【正解】 I have a lot of time.

"time"(時間)という単語は数えられない名詞です。"many"(たくさんの)という単語は、 数えられない名詞に付けることができません。数えられない名詞に「たくさんの」という単語を付けたいときは、 "much"や"a lot of"(もしくは"lots of")を使います。"a lot of" は数えられる名詞にも数えられない名詞にもつけることができます。会話の中では、 肯定文なら"much"よりも"a lot of"(または"lots of")を使うことが多く、 "much"は、"How much money do you have?"(お金をいくら持っている?)のように、 主に疑問文や否定文で使います。


 

そのほか、以下のようなトピックについても紹介されています。

a/theの使い分けanother/the otherの使い分け
bargainは「安売り」ではないborrow/lend/rentの使い分け
customer/guest/clientの使い分けgo/comeの使い分け
listen/hearの使い分けmarathonはフルマラソンのみを指す
「お酒に強い」は何て言う?2つ以上の形容詞をつなげるときの語順
already/yet/stillの使い分けat/in/onの使い分け
by/untilの使い分け「クレーム」は和製英語
"Is it delicious?"と聞くのは不自然early/quicklyの使い分け
everyoneは単数扱い4人家族を英語で言うと?
go to/get toの使い分けshould/had betterの使い分け
hope/wishの使い分けlook/see/watchの使い分け
「~させる」make/letの使い分け"Me too."と"Me neither."
some/anyの使い分けstop doing/stop to doの使い分け
付加疑問文の使い方英語の時制の意味と使い方

 

発音のCDもあわせてお届けします

Super Simple ABCs - Phonics Fun

スーパーシンプルCD(ABC)

スーパーシンプルCD(ABC)は楽しみながら簡単にアルファベットとフォニックスを学習できる音楽教材です。 このCDにはABCのハローソングとグッバイソング、シンプルバージョンのアルファベットソング、 フォニックスアルファベットソング、そして26のアルファベットの発音を紹介している曲、 復習向けの曲が収録されています。


 

商品詳細とお申し込み

『英語の落とし穴AtoZ』と『発音CD』

初めてエスプリラインでお買い物される方はこちらからご購入下さい。 この商品を買う

エスプリライン会員様はこちらからご購入下さい。 かごに入れる

 

お支払い方法 ・クレジットカード払い
・代引き(手数料無料・現金支払いのみ)
セット内容と
商品詳細
『英語の落とし穴A to Z』
・書籍2冊(日本語版および英語版)
・書籍サイズ:B5判
・ページ数:347ページ
・出版社:BTB Press

スーパーシンプルCD(ABC)
・CD1枚(歌詞付き)
・36曲の歌とチャント+カラオケバージョン
・CD収録時間:51分
・出版社:Super Simple Learning

電話番号