スピードラーニング最強プログラム
スピードラーニング最強プログラム
049-273-2240

お申し込み

スピードラーニング最強プログラム

たった2日間で
心の壁を破ったら、
英語がしゃべれた!

英語を話し続ける2日間。気づいたら英語脳に!
日本語みたいに英語を話している自分にビックリ。
あなたにもブレイクスルー体験が起こります。

スピードラーニング最強プログラム

お電話でのお申し込み、お問い合わせは
TEL:049-273-2240
(受付時間 平日9:00~17:00)

『スピードラーニング最強プログラム』トレーニー(参加者)のコメント

心の壁をぶち破れ!ブレイクスルーを起こす奇跡の2日間
『スピードラーニング最強プログラム』

お申し込みはコチラ

日本人が英語を苦手な理由。

日本人ならではの国民性と心の壁があります。

「恥」の文化があり、「わからない」と言えない、「間違えたら恥ずかしい」「正しい英語でないといけない」という思いがあると思います。

英語の知識はたくさん知っているのに、なかなか英語を話す勇気がない。自信がない。

「できないと恥ずかしい」という気持ちが日本人には強いと思います。自信がないから小さい声になってしまう。それではいくら正しいことを言っても伝わりません。

「もっと勉強して、できるようになってから話します」という方がよくいらっしゃいますが、そんな日は絶対にきません。

「話せるようになったら話す」のではなくて、「話せるようになるために口に出す」のです。

赤ちゃんや子どもは正しく話そうなどと考えません。「お腹が空いた」「これが欲しい」という思いを伝えようとします。間違いなども気にしません。

知っているはずの英語もいざとなると口から出ず、後で頭で考えると「ああも言えた、こうも言えた」と悔しい思いをすることがあります。

知識ではなく、実際の場面で使える英語を身につける必要があるのです。

『スピードラーニング最強プログラム』はこんな方に最適!

海外出張、海外転勤される方

出張や転勤まで英語学校に行く時間がない


海外旅行へ行かれる方

海外旅行でもっと外国人とふれあいたい


外国人がお店に来る方

外国人のお客が増えて対応が迫られている


上司や同僚に外国人がいる方

仕事で英語を話さなければならない


一生懸命やったのに効果が出ず挫折した方

英語の効果的な勉強方法がわからない


日本に戻って英語を話す機会がなく英語力を維持したい方

ずっと話さないと英語力がサビ付いてしまうから


commitment

『スピードラーニング最強プログラム』のつのこだわり

①トレーニー1人ひとりの心の壁を突破させる!

『スピードラーニング・最強プログラム』は、次から次へと英語で返さなければならない切羽詰まった状況をつくるため、外国人や英語に対する苦手意識がある方、他人の目が気になる方など、どなたでもご自分の英語に対する限界を突破できるプログラムです。

②アメリカ留学3ヵ月以上に
成長を実感できる2日間!

2日間、日本語禁止!緻密に作られた英語漬けのプログラムを受けることで、アメリカ留学3ヵ月以上の効果を実感できることを保証いたします。

③英語のレベルは関係なくご参加いただけます

1日目の冒頭で、ネイティブのトレーナーがトレーニー1人ひとりの英語力を確認します。レベルに応じて、持っている英語力を最大限に引き出します。

④人間性を重視した
ネイティブ&バイリンガルトレーナー

1人ひとりの持っている英語力を引き出すために真剣に向き合い、かつ楽しさや親しみやすさのあるスタッフを厳選していますので、安心してご参加いただけます。

プログラムの詳細を見る

プログラムの詳細を見る

プログラムの紹介動画を見る

プログラムの詳細を見る
Voice of Trainee

-トレーニー(参加者)のコメント-

原一輝様

英語を話す抵抗感がまったくなくなりました

東京都・会社員
原 一輝 様

参加する前に想像していたものと全く異なり、とてもアクティブに、とにかく英語を発し続けるプログラムに新しさを感じました。

ある意味、スポーツでいうところの強化練習のような感じで、頭がボヤッとしてくるくらい英語漬けになれるとても貴重な経験でした。最強プログラムは2日間英語漬けで、実際に海外に1年半いた時よりもすごく濃厚な時間でした。

英語に対して頭がずっと回転している感覚があり、達成感とともに英語を話すことへの抵抗感がまったく無くなりました。

他のトレーニー(参加者)のコメントも見る

他のトレーニー(参加者)のコメントも見る
大谷治子

大谷 治子

株式会社エスプリライン
専務取締役
最強プログラム企画・監修

青山学院大学英米文学科卒業後、英国・エディンバラ大学大学院にて言語学研究課程修了。帰国後、静岡県公立高校にて英語教師を務めた後、ロータリー財団奨学生として米国・南イリノイ大学大学院で言語障害矯正学を履修。2人の子どもをバイリンガルに育てた経験から「人と関わるための生きた英語」の習得法を目指し『スピードラーニング』を開発。

『スピードラーニング』30年のノウハウから誕生した、英語を口に出す最強の英会話プログラムです。

『スピードラーニング』は “聞き流す” ことから始めて、ある程度のインプットをした後には、 “口慣らし” や話す環境をつくることを薦めてきました。

英語を聞き取れるようになってくると、真似して口に出してみたくなります。聞こえてきた英語をそのまま口に出してみることが大切です。間違いなどを気にすることなく、とにかく英語を口に出して “口慣らし” をすることが英語を話せるようになる近道なのです。

また海外旅行に行ったり、留学生を受け入れたり、外国人の友達をつくるなど、日常生活の中で英語を話す機会をつくれることが理想ではありますが、なかなか外国人と話す機会が無いという『スピードラーニング』受講者様のために、電話英会話サービス『フリートーク』(無料特典)や、『イングリッシュ・カフェ』や『クリスマスパーティ』といった英会話イベントなどもご案内しています。

『スピードラーニング最強プログラム』では、2日間、英語を話し続ける環境があります。どのような方でも、参加する前と後では明らかな変化が訪れます。


星野彬

星野 彬 さん

親の転勤で小学校5年生から4年間、オーストラリアで生活。日本でトップクラスの総合商社に42年間勤務し、アフリカやニューヨーク駐在を経験。現在はアメリカのコンサルタント会社に所属。

私がお薦めします

英語を話すためには
「慣れ」が必要

英語を学んだ多くの日本人が誤解していますが、英語ができるということと、英語を話せるということは必ずしも一致しません。

英語での読み書きがしっかりでき、リスニングもできる人が、外国人の輪の中に入るとほとんど話せないという光景をよく見かけます。

原因は正確な文法にこだわり過ぎ言葉が口から出るのに時間がかかってしまうことや単に外国人の前に出るとあがってしまう等いろいろありますが、要は話すトレーニングができていないということです。

私自身も学生時代から英会話に自信があり、総合商社に入社してすぐ海外の仕事に携わるようになると、問題なく外国人とコミュニケーションが取れましたが、初めてアメリカを担当することになったとき、相手のアメリカ人たちの迫力に圧倒されたのと会話のスピードが速いため、今までのように言いたいことが言えなくなる経験をしました。

何度かアメリカに出張している間に、この環境にも慣れましたが、その時初めて「話す」ということは「慣れ」が必要だなと認識しました。

最強プログラムを受講され、ご自分の中にある英語の知識をフルにアウトプットできるようになってください。

心の壁をぶち破れ!
ブレイクスルーを起こす奇跡の2日間
『スピードラーニング最強プログラム

無料体験会  受講料:無料

2日間の英会話研修プログラム
  受講料:100,000円(税別)

※宿泊型のプログラムではありません。宿泊施設をご利用の際はご自身でご手配お願いします。
※交通費は自己負担になります。

お申し込みはコチラ

お電話でのお申し込み、お問い合わせは
TEL:049-273-2240
(受付時間 平日9:00~17:00)

株式会社エスプリライン
『スピードラーニング最強プログラム』係
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町16-23 川越駅前ビル